2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武勇伝

以前のブログに書いた記事ですが、ほんとにおもしろい父なので

もう一度、リメイクして書くことにしたよ


実家の父はものすごい天然というか、至って本人は普通のつもりなのに

母がまだ生きていた頃、名コンビでいつもボケとツッコミの漫才を繰り広げられていた

あたし達夫婦なんて、足下にも及ばないボケツッコミ歴57年

軽く2倍を越すチョーベテラン漫才夫婦だった

今では、漫才相手がいないのでちょっぴり寂しい父だが

母が亡くなってからの方が、逞しく家事をこなし充実している


あたしの天然ルーツである父親の事を少し書かせてもらいます



父は、「第二次世界大戦で徴兵されて、スマトラ島で玉砕一歩手前で

命からがら終戦を迎え、日本に帰ってきた」
とお酒をのんでは

幼いあたしに、話していた


そして、決まって左眉の傷を見せて

「ここは、敵の鉄砲の弾が飛んできてかすった傷なんや

あそこで、頭に貫通していたら、おまえはうまれてないんや」


とものすごく自慢げに話す父


あたしには、想像もつかない戦争を経験し、第一線で鉄砲の弾まで受けた父を

ある意味強運の持ち主だわ~と驚きの目で見ていた


 んが!!


ある時、この武勇伝はええ~~!!という、新事実を知ることになるあたし。。。

50年近くそのことを信じて尊敬とまではいかなくても、

おとうさんってすごい!と思っていたよ

その驚愕の新事実とは!!

次回につづく。。。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとよろしく!





昨日の夕飯のおかず
IMG_3633.jpg

豚しゃぶ


IMG_3634.jpg

カキフライ


IMG_3635.jpg

鮭の塩焼き


写真がピンボケですんまそん!


スポンサーサイト
[ 2010/09/07 ] 父のこと | TB(0) | CM(6)

武勇伝2

前回の続きです

父は、お酒を飲むたび左眉の傷を名誉の不祥と自慢し、

とっても、素直なあたくしは、信じて疑いなど全くしなかったわけで。。。



3年前のことです

甥(実兄の長男)がたまたま遊びに滋賀に来たとき

「おばちゃん、おじいちゃんのマユゲの怪我の事知ってる?」って聞くので

「知ってるよ~ 小さい頃から戦争で鉄砲の弾がかすったって

何遍も聞いてるから忘れへんわ」
と答えると

甥は「え~おばちゃん、そんなことまだ信じてたん?」とのたまう

「どういうこと?」とあたし

「ぼくも、おじいちゃんからそう聞かされてたんやけど、

このあいだおばあちゃんにほんまのこと聞いてん」



ほんまのことって??




甥の話は。。。

逃げるとき押されて頭を打って怪我したらしい

なんやそれは??

あたしは、今まで武勇伝を信じて疑っていなかったのに・・・

逃げるときって?

それも、甥から事実を聞かされるなんて。。。


あ~そう言えば、母に確かめた事は一度もない

そして、母のいるところでその話はしなかったわ

う~~~ん こりゃ一杯食わされたわい 

でも今までよくばれなかったものね~ 感心するよ

だけど、くわしい真実を知りたくなってきたじょ~~

もうこれは事実を本人にきくしかないな!

でも今更、年老いた父に「よくも騙してくれましたわね」なんていうのも酷

色々考えた末、「左眉の傷の事もう一度教えて!」って聞いてみよう

お酒の飲んでいないシラフの時に聞く事が大事だわん

もし鉄砲の弾がかすったというなら、もうそれでよしとしよう

今更、突き詰めたって、父を傷つけるだけで何の得にもならないしね



そして、実家に帰ったとき本人に聞きました!

「その左眉の傷やねんけど、戦争で怪我したんやな~?」とあたし

「そうや」と答える父

「その話詳しく教えてよ!」

「敵の魚雷を受けて、船が沈みかけていたから

甲板に上がるとき細い階段で後ろから押されて

角で左眉を打って怪我したんや!」



昔、あたしに何度も語った武勇伝の事など忘れているように

語り出したわが父・・・(゜Д゜) ハア??  

鉄砲の弾がかすった話は??と心の中で叫ぶ

あまり、あっさりと事実を言ってくれたので、あたしも聞きましたよ

「え~うそ!! 鉄砲の弾がかすったんじゃなかった?」

「そんな事あるかいな!」

「え~!! 自分でいってたやん」


「いうてへん!!」 キッパリ(* ̄・・ ̄)=3フン


「・・・」(゜ロ゜;)エェッ!?


どういうことよ??


父は、全く嘘付いてた雰囲気ないし。。。

ボケてしまったにしては、事実をしっかり話してるし。。。

結局、あたしが勘違いしていた事になってしまったさ~~~   

なんでやねん!

おそるべし、我が父のボケ加減!



この時は父にうまいこと丸め込まれてしまったあたくし。。。


んが!

一昨年の母の通夜の後で、家族が集まって話しをしているとき、

またまたこの話題がでてきたのよ~~

みんなは、父の武勇伝の新事実を知っている

以前はあたしひとりだったけれど今度はたくさんの視線が父に注がれている


さて 自分の子供、孫達に囲まれて父はどう答えたであろうか?

どんなボケをカマしてくれるのか?




次回につづく。。。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとよろしく!




昨日の夕飯

IMG_3641.jpg

ミートローフ


IMG_3642.jpg

高野豆腐と野菜のたいたん


IMG_3645.jpg

もやしとニラのコチュジャン炒め
[ 2010/09/08 ] 父のこと | TB(0) | CM(4)

武勇伝 完結編

母の通夜のあと家族全員で母を偲んでいたとき

父の例の武勇伝の話題が出てきた

あたしは、この年齢になるまで疑いもせず

父の大ホラに騙されていたわけで・・・ 

なのに、騙されていたのはあたしの勘違いにされる始末

今日こそは、みんながいることだし父にしっかりきかなくちゃ


「おじいちゃん、眉毛のケガ鉄砲の弾がかすったていってたな~」

と孫が切り出す

「いや、階段でケガしたんや」と父

「でも、弾がかすったって言ってたやん」とあたし


「あれはな、おまえらが喜ぶからそういうことにしてたんや」


と高笑いする父 :*ゞ(∇≦* )ガハハハ

「えー! 喜ぶって??」

「鉄砲の弾がかすったて言うたら、小さい頃えらい喜んでたんや」

とうれしそうに話す父

別に喜んでいたわけじゃないけど。。。

「ほんでな、そう言うことにしたんや」

そう言うことにしたって?? 真っ赤な嘘やおまへんか??

あたしだけじゃなく、孫にも同じように言っていた父

でも、去年聞いたときは、「いうてへん!」としらを切った父が

今日は、えらい素直に白状したもんだわさ

ご愛嬌ってことで笑い話に終わったよ 

なんだか、昔から聞いていた武勇伝は眉唾ものですな~~~o(〃^▽^〃)oアハハッ♪


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ポチッとよろしく!





昨日のおかず

IMG_3672.jpg

鶏肉のピカタ 野菜添え



IMG_3670.jpg

ニラとタマゴの炒め物(玉ねぎ入り)


IMG_3675.jpg

カレイの煮付け

[ 2010/09/10 ] 父のこと | TB(0) | CM(8)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。