2010 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海賊とよばれた男

海賊とよばれた男 百田尚樹

今話題のこの本を、図書館で予約したのが、5月。

予約待ちが、なんと75名 

小さな町の小さな図書館で75名待ちって!

気長に3ヶ月近く待ち、やっっっと図書館から用意ができたと連絡が入る。

上下2巻の分厚い単行本に読めるかな?とちょい不安がよぎる。

読む気はあっても、若い頃のように根気はないし目もすぐ疲れる。

返却日までに全て読めなかったらあきらめよう・・・なんて

よわっちい気持ちで早速読み始めた。


序章からぐいぐい引き込まれる文脈

感動で、涙が溢れるのをメガネ越しにぬぐいながら

字が霞んでもなおもっと読みたいと言う欲望にかられ

あれよあれよという間にぶっ通しで読む事3時間。

まだ上の半分しか読めていないが 疲労こ・ん・ぱ・い

すごい人だと驚いた。


感動で涙する本を読んだのは久しぶりだ。

百田尚樹さんが素晴らしい作家だからであろう。

関西の人気番組「探偵ナイトスクープ」の構成作家らしい。


年末に彼の作品で「永遠の0」が映画化される。

この本も予約してるので読めるのが楽しみ。


さて、今日もわくわくで続きをよんでいこう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
     にほんブログ村



[ 2013/07/31 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。